第四章  礼儀

am73

 

私たちは、マラニャォンに三週間ほど滞在した後、私が生まれたアマゾン川河口付近の町・ベレンから、車で二時間ほどかかるイガラペアスゥという町へ、父方の親戚に会いに行きました。

 

七月十一日のことです。

町に入って、大きな通りのバス停で降り、そのまま父の姉のチエおばさんの家へ向かいました。

 

みんなとの挨拶をすまし、部屋で荷物を整理していると、チエおばさんが、

「ちょっと町を歩いてきたら?この子が案内してくれるわよ!」

(続きは、書籍「アマンダのブラジルが近くなる本」で・・・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る